イメージからサウンドを醸成?2

 仮称 “Image to Sound” という Web Appli を HTML5 の Web MIDI API を使用して MIDI デバイスに出力することがができるように改良しました。ただ今のところ、この機能は Chrome でしか使用することができません。

 Web MIDI API を使用してサウンドを醸成する一番簡単な方法は、 VirtualMIDISynth をダウンロード・インストールして、 Image to Sound の MIDI Out: に CoolSoft VirtualMIDISynth を選択して、 Start ボタンを押すだけです。

 複雑な音を出したい場合は、 loopMIDIArppe2600va をダウンロード・インストールして、 Image to Sound の MIDI Out: に loopMIDI Port を選択して、 Arppe2600va の Devices > MIDI… > Input Port: に loopMIDI Port を選択して、 Devices > Wave… > Output Port: を設定します。 Web MIDI API 実験室 – Virtual MIDI PortでWeb MIDI APIとソフトシンセをつなぐ のページ(私も大いに参考にさせていただきました)に詳しい解説があります。

 サウンドを極めたい場合は、 VSTHost を使用します。このプログラムの詳しい解説が 初心者になるための耳コピMIDI講座 – VST ホストアプリケーション のページ(私も大いに参考にさせていただきました)にあります。

 VSTHost の Plugin には色々な種類がありますが、 MIDI から In して MIDI に Out するものより MIDI から In して Wave に Out するものがお勧めで、Synthesizer の dexedSynth1 が面白いです。先ほど紹介した Arppe2600vaVSTHost の Plugin としても動作します。

動物の顔からオブジェクトを作成して3Dプリントする方法

 IT3D を使用すればとても簡単です。

 IT3D は画像ファイルからオブジェクトを作成して Shapeways で3Dプリントを依頼することができるウェブ・アプリです。

 犬や猫(もちろん人間も)の写真をアプリで読み込んで顔の部分だけをトリミングすれば、すぐに3Dオブジェクトが作成されます。このデータをオンラインの3Dプリント出力サービスにアップして注文すれば後日、製品が手元に届くでしょう。3Dプリンタを持っていればもっと早くオブジェクトを手に取ることができます。現在のところ作成を Shapeways に依頼する場合は、この工程をアプリから行うことができます。

 IT3D - Screenshot 0

 専用フォーラム も開設しました。

Windows 10 update に関する考察

 何回かの失敗の後 Windows 8.1 Pro を Windows 10 pro へ update することにやっと成功しました。

● マシンの概要

– マザーボード:ASRock Z87 Extreme6/ac
– CPU:Intel Pentium CPU G3220 @ 3.00GHz 3.00GHz
– メモリ:8.00GB
– 内蔵HDD:Seagate ST1000MD003-1CH162(UEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティション、空き領域 最初 約 60GB 後に 200GB 以上に拡張)
– 内蔵ブルーレイドライブ:LG HL-DT-ST BD-RE BH14NS48
– OS:Windows 8.1 Pro 64bit

● 失敗の概要

 インストールを開始して2回目の再起動後、全体25%(ファイルのコピー85%)のところで止まって、ハードディスクのアクセスランプが点灯したままになり、しばらくすると、ブルースクリーン画面(MACHINE_CHECK_EXCEPTION)になる。

 しばらく待っても何も動きがないので強制的に再起動すると、「以前のWindowsのバージョンへの復元」が始まり、自動的に再起動後、元の Windows 8.1 Pro が起動してくるのでログインすると Windows Update が自動的に起動して C1900101–20004 のエラーコード付で Windows 10 update に失敗した旨が表示される。

● 試みた対策

(1) システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する も「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした。」と表示されるので「コマンド プロンプト(管理者)」から DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth を実行してもう一度 システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する も、また「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした。」と表示されるので sfc /scannowを実行してもエラーの修復ができない を参考にして Windows update の KB3068708、KB3022345 をアンインストールして、もう一度
システム ファイル チェッカー ツールを使用して不足または破損しているシステム ファイルを修復する と「Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」と表示されて一安心。

(2) USB機器をすべて取り外す。※ キーボードとマウスはインストールを開始して1回目の再起動後に取り外す。

(3) 1回目の再起動後にLANケーブルを取り外す。※ マザーボードにWi-Fiの機能がついているので無線ルーターの電源を切る。

(4) 内蔵HDDの空き領域を 約 60GB から 200GB 以上に拡張。

(5) 内蔵ブルーレイドライブを取り外す。※ 筐体の蓋を開けて電源、データ両方のケーブルを取り外す。

● 最初の数回の失敗

 対策の (1)~(3) を試みてインストールを開始するが「失敗の概要」に書いた通りの結果になる。

● 最後の失敗

 対策の (1)~(3)、(4) を試みてインストールを開始するが、やはり「失敗の概要」に書いた通りの結果になる。但し、「全体25%(ファイルのコピー85%)のところで止まって」から「ハードディスクのアクセスランプが点灯したままになり」までが「最初の数回の失敗」よりも長く感じられた。「ディスクの管理」を起動してみると「(c:) – システムがインストールされたパーティション」の領域の後ろの部分を削って 450MB の「回復パーティション – Windows RE ツール パーティション」が作られていた。

● 成功

 対策の (1)~(4)、(5) を試みてインストールを開始すると見事成功。「ディスクの管理」を起動してみると、再び「(c:) – システムがインストールされたパーティション」の領域の後ろの部分を削って 450MB の「回復パーティション – Windows RE ツール パーティション」が作られていた。「回復パーティション – Windows RE ツール パーティション」が二つになってしまったので「コマンド プロンプト(管理者)」から diskpart を実行して一番最後のパーティション(こちらが前回のインストール失敗時に作られたものと思われる)を削除した。

● 考察

 (1)~(3) の対策がインストール成功に必要だったのかどうかは不明。

 (4) の対策は何らかの効果があったと推測される。Windows 10 のシステム要件(ハード ディスクの空き領域:32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB) ではあるがマシンのシステム構成によってはHDDの空き領域がもう少し必要になるのかもしれない。

 (5) の対策は私のマシンでは絶対に必要なものだった。

 後になって思うのは「一回一回どのような条件でインストールを開始したかをメモしておくべきだった」ということである。もっとも、過去の経験からしてこんなに何回も失敗するとは思はなかったことも事実である。