K-POP 女性グループ Twice に関する考察

 Twice との出会いは、無料動画サイト(「映画やドラマ、アニメ、音楽が見放題」と宣伝している)のトップ・ページの紹介動画で、腰を振り振り踊る彼女たちの映像を見て、興味をそそられ、本編を見たのが最初(2019年3月頃)でした。

 本編では何曲か披露していましたが、紹介動画で感じた「セクシーさ」ではなく「かわいらしさ」をより強く感じました。

 ミュージック・ビデオを何度見てもみんな同じに見えてメンバーの違いを識別できない時間が続きました。しばらくしてようやく、姿形から9人全員を識別できるようになりましたが、今度は名前を覚えられません。特に韓国、台湾の名前は、なじみが薄いせいか、正確に思い出せません。それでも、音楽以外のビデオをたくさん見るうちに、それも克服することができました。

 ウィキペディア によると、韓国人5名、日本 人3名、台湾人1名、合計9名の多国籍グループで、NHKの紅白歌合戦に2年連続 出場 (2017年、2018年)していて、日本人のメンバーが3人いるということでした。それで、がぜん興味が沸いてきました。

 彼女たちは、韓国の V LIVE というインターネット・サービスでステージ以外の様子も配信していて、それらの一部を切り取ってつなぎ合わせたものに日本語や英語の翻訳をつけたビデオが YouTube に多数投稿されています。これらのいくつかを見ているうちに、ワンコやニャンコの動画見ているときのような「心がほんわかする」感覚を覚えるようになりました。

 しかしよく考えてみると男性グループのこの種の動画を見ても 「心はほんわかしない 」 と思うので、彼女たちが ワンコやニャンコ と同義であるとは言えず、彼女たちを見る目に多少の下心が隠れているのだろうなあとは思います。まあその辺のことは今は深く追求しないでおくとして、とにかく、癒されることは確かなのです。

 いろいろな動画を見ているうちに9人それぞれの個性が見えてきました。そして、その個性と個性が絡み合って、いくつもの物語が生まれています。それぞれの個性はアイドルを演じることによって 意図的に作り出されたものと本来のものとがカオス的に混ざり合っています。私は、その混沌を整理することに楽しみを感じています。

 9人のメンバーを、今まで得た情報から 、私の主観で紹介してみたいと思います。Twiceの慣習に従って、年齢の順です。※ 尚、ビジュアルに関しては自分で確かめてください。見方は、人それぞれだから。

 ナヨン(1995年2月22日生、韓国人、リードボーカル、リードダンサー ):序列1位であると主張しています。リーダーのジヒョは自分が1位だと反論していますが。一番年上なので、いざという時は、皆に頼りにされるようです。突然笑いだしたりと推測できない行動に出るので「赤ちゃん」のようであるとの評もあります。気が強く、言い争いをしたら、かなう者はいないだろうなと思わせます。こんなことを書くと怒られるかな?ジョンヨンとジヒョ以外のメンバーは一目置いているようです。特にモモは逆らえないんじゃないのでしょうか。下の動画はモモがナヨンに「喧嘩をしているふりをしよう」と耳打ちして行ったパフォーマンスですが、もし本当の喧嘩になったらこうなるんじゃないかと想像してしまいます。ナヨン姉さんが怖い。

 ジョンヨン(1996年11月1日生、韓国人、リードボーカル ):少し意地が悪い?モモを序列9位と言ったり、韓国語の読み書きが苦手なモモを笑ったり、メンバーの中で一番小柄なチェヨンの身長を少なく言って笑ったりします。本人はふざけているつもりなのかもしれないけど。 ナヨンにも悪ふざけを仕掛けています。 半面、面倒見が良くてお母さんみたいだとも言われています。本当のいじめっ子ではなく、ふざけるのが好きなだけかも。大食漢です。無理なダイエットは好きではないようです。

 モモ(1996年11月9日生、 日本人、メインダンサー、サブボーカル 、ラップもできると思う):人見知りだけど、人懐っこいところもあります。そして怖がりです。耳にピアスの穴をあけるのをためらっています。ジェットコースターや高いところが苦手です。人形やぬいぐるみが大好きです。少し幼いところがあります。ダンスに関しては天才肌です。本当は努力家なのかな。ミュージック・ビデオに映った姿はいつも頬がこけています。無理なダイエットをしていなければ良いがと思います。 自分の娘だったらすごく心配だと思います。

 サナ(1996年12月29日生、 日本人、サブボーカル ):人懐っこく、すぐ人に抱き着きキスをしようとします。日本で芸能活動をしていたら「あざとい」と言われて女性に反感を持たれるタイプかもしれません。韓国語は文法の正確さ、語彙の豊富さで超一流との評判です。頭が良く、物事を深く考えるタイプなのかな。気持ちもしっかりしている。ただ、雷は苦手みたい。アイドルを全身全霊で演じているのだと思います。彼女の存在がTwiceをTwiceたらしめているといっても過言ではないかもしれません。「日本の元号」に関する発言でバッシングを受けましたが、今は立ち直っています。この件は別の機会に考察してみたいです。

 ジヒョ(1997年2月1日生、韓国人、リーダー、 メインボーカル ):10年の練習生期間があり、しっかりしているからリーダーになったのかな。ハキハキしています。気が強く、ジョンヨンの悪ふざけにも必ずやり返します。ナヨンにも負けていないです。リーダーだから他のメンバーより沢山の事を考えなければならないので大変そうです。体をスリムに保つのも大変そうです。

 ミナ(1997年3月24日生、日本人、 メインダンサー、サブボーカル ):幼いころからクラシックバレーをしていたそうで姿勢が良い。スタイルも良いので何を着てもよく似合うし、センスが良い。ダンスも上手。モモと二人で踊るのをもっと見てみたいです。恥ずかしがり屋で、人にべたべたくっつかれるのが嫌みたい。アイドルを演じるのは少し重荷なのかもしれないですね。いつも毅然としています。そのままで良いのではないかと思います。

 ダヒョン(1998年5月28日生、韓国人、 リードラッパー、サブボーカル ):普段はおとなしくしていることが多いけど、カメラを見つけた途端、アイドルに変身する。カメラ目線の表情が豊かなので一番目に付く。私が最初に顔を覚えたのは彼女でした。 彼女も、人にべたべたくっつかれるのが嫌みたい。 ピアノが得意。勉強家。

 チェヨン(1999年4月23日生、韓国人、 メインラッパー、サブボーカル ):アイドルとしてふるまうのは少し苦手かもしれません。ラップを自分で作る。絵を描くのが好き。ビデオの編集もするそうです。アーチストなのでしょう。ファンの女子の人生相談に的確に答えているのには感心した。しっかりしている。

 ツウィ(1999年6月14日生、台湾人、 リードダンサー、サブボーカル ):皆が美人と言います。本人もそれを自覚しています。太ももの筋肉が立派です。お姉さんたちが残した食事をすべて平らげます。躾が良いから?

 ここまで書いてきて「考察」にはなっていない気もしますが、実は本当に書きたいことは二つだけで、それを言うために少し前置きを長く書いてしまいました。

 それではその一つ目を書きます。

 メンバーが「おばあちゃん」になるまでTwiceを続けてほしいです。

 いずれは、メンバー個々の才能を生かす方法で、ばらばらに活動するようになるのかもしれないけど、Twiceは解散しないで、集まれる時だけ集まってTwiceとしてのパフォーマンスを見せてほしいです。なぜならば、私はあなた方が、おばあちゃんになるまで生きていられないだろうけど、生まれ変わってまたTwiceのファンになりたいから。

 次に二つ目を書きます。

 私はモモに恋をしました。初恋の時のようにプラトニックなものだけどね。

 本来なら「栄養のバランスを考えた食事を心がけて、人生は長いのだから無理をせず、マイペースで、自分の才能を思う存分発揮してください。」とでもいうべきだろうけど、そんな言葉では、自分の気持ちを伝えきれないと思ったから、こういう表現にしました。

 ダンスでメジャーになりたい一心で、人見知りで怖がりな少女が、単身海を渡り、数々の試練と挫折に耐えながら、最後はメジャー・デビューを成し遂げた。そんな人を好きにならずにいられないでしょう?その感情を恋に落ちたと表現してはいけないの?

↑ 字幕をONにすると日本語の字幕が表示されます。

 これからも、体を大切にして、ダンスで人々の心をゆさぶってください。それと、 歌とラップもやって欲しい。そして、いつまでもサナとミナと仲良くね。